車初心者のみなさんへ

自動車

誕生してまだ百数十年の自動車ですが、今では生活必需品としても数えられることもありますし、日本の自動車産業は世界に誇れるほどにもなっています。みなさんの中にも自動車を運転している人や家族で自動車を運転している人も多いと思います。自動車を使い、旅行や遊びに行ったり、またドライブなどにも使われます。ドライブの途中で立体駐車場の綿半に止めることも多くなるでしょう。それだけ、生活に密着した商品だということです。それに、趣味として自動車を購入する人も多くいます。それが、ブランド車です。ドライブや旅行に限らず、観賞用としてポルシェを購入する方も中にはいるそうです。

最近の自動車メーカーでは、エコカーとしてCO2を排出しない、電気カーの開発、走行実験も行っていますし、若者向けの安めでアウトドアにピッタリな自動車や中高年をターゲットにした高級感溢れる自動車の開発も行っています。環境の事を考えるとまだまだ乗れる車でもエコカーに買い替えたほうがいいですね。そんな状態のいい車は廃車引取り業者さんに買い取ってもらえる可能性がありますよ!!

自動車の歴史

時代とともに、変わっていく自動車ですが、最初の自動車は蒸気機関で動く蒸気自動車でした。今ではガソリンが当たり前ですが、当時は蒸気機関だったのです。これは蒸気機関車とは違いレールの上を走らず、動く方向をある程度、変えられるというものでした。その後蒸気機関に多数の改良が加えられ、比較的小型のボイラーで高温・高圧の蒸気を使ったものが作られるようになっていきました。

1769年にフランス陸軍技術大意ニコラ=ジョゼフ・キュニョーが製作した蒸気自動車は前輪荷重が重すぎてぜんぜん曲がらないつくりで、時速約3キロしか出なかった(人が歩くのは約4キロと言われています)にもかかわらずパリ市内を試運転中に、塀に衝突したそうです。これが最初の自動車とされており、また自動車事故の第一号と言われています。最初の蒸気自動車は蒸気機関で動いた最初の乗り物でした。蒸気機関車よりも蒸気船よりも蒸気自動車が先だったのです。往復運動(レシプロ運動)回転運動にしたのもこれが最初でした。

イギリスでは1827年ごろから定期バスとして都市部及び、都市間で広く用いられ、1860年ごろにはフランスでも用いられるようになっていきました。1885年に、フランスのレオン・セルボレが開発し、1887年に自動車に搭載したフラッシュ・ボイラーにより蒸気自動車は2分でスタートできるまでに短縮されました。

1900年ごろにはアメリカ合衆国で、石炭の代わりに石油を使った蒸気自動車が作られ、さらに普及していきました。この頃は街では電気自動車が静かで性能もよく最も用いられており、次いで蒸気自動車で、ガソリン自動車ほどうるさくなく運転が容易でした。アメリカ合衆国では、1920年代後半まで蒸気自動車が販売されていましたが、最終的に淘汰された。しかし、蒸気自動車無くして、現在のモータリゼーションは無かったと言えるでしょう。

1907年には、フォードがフォード・T型を発売しました。フォードは、流れ作業による大量生産方式を採用し自動車の価格を引き下げることに成功しました。これにより裕福層の所有物であった自動車を、大衆が所有することが可能となり自動車産業は巨大なものとなっていきました。ヨーロッパでは、1910年ごろに、大衆の自動車に対する欲求を満たすように、二輪車の部品や技術を用いて製造された小型軽量車、いわゆるサイクルカーが普及していきました。

1922年に、フォードと同様の生産方法を用いたシトロエン・5CVやオースチン・セブンなどの小型大衆車が発売されて、本格的に自動車が普及していく事になりました。また、それに伴いサイクルカーは姿を消していく事になったのです。 電気自動車や燃料電池を動力源とした自動車もあり、前者は今でもトロリーバスとして存在している車両もあります。

このように自動車は進化していったのです。


pickup

金 買取
http://www.shop-lafesta.com/
腰痛 クッション
http://mission-praise.com/
ティーカッププードル ブリーダー
http://www.papipu-pet.com/
記念写真 横浜
http://www.yamada-ps.com/
仙台 マンション
http://www.selec.jp/